乳酸菌とは?

乳酸菌は、ヨーグルト・乳酸菌飲料・漬物など発酵食品に含まれている、代謝によって乳酸を産生する細菌類の総称です。

たくさんの菌の種類があってわかりにくいのですが、大きく3つに分けることができます。

  • 腸管系乳酸菌…動物の腸の中に生息している。
  • 動物性乳酸菌…動物質に由来する乳酸菌。主に乳発酵食品(チーズ、ヨーグルト)など。
  • 植物性乳酸菌…植物質に由来する乳酸菌。主に味噌、醤油、漬け物、キムチ、パンなど。

さらに、乳酸菌と呼ばれて利用されることが多い代表的な細菌には6属あります。

ラクトバシラス属

乳酸桿菌。
ヨーグルトを作るときに使われるもの。
ヤクルトの「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株(LCS)」
キリンの「KW乳酸菌」
など。

ビフィドバクテリウム属

ビフィズス菌と呼ばれているもの。

エンテロコッカス属

回腸、盲腸、大腸に生息している。

ラクトコッカス属

乳酸球菌。
牛乳や乳製品に多く含まれる。

ペディオコッカス属

漬物などの発酵植物製品から分離されることが多い。

リューコノストック属

ワインのマロラクティック発酵を促す。

ますます分かりにくくなりましたよね。
乳酸菌と一言でいっても数千種類あるので、「腸内環境を整えたい」「アレルギーが気になる」など、その悩みにあった乳酸菌を摂取するのが、乳酸菌のパワーを効率よくとる秘訣なんです。

乳酸菌効果・効能

乳酸菌の効果は、腸内環境を整えるだけでなく、

  • 便秘・下痢などの腸内環境改善化
  • 花粉症・アトピーなどのアレルギー
  • 風邪・インフルエンザの予防に
  • ピロリ菌
  • ダイエット

などの様々な効果が期待できます。

菌によって性質が違うので、自分に合った乳酸菌を見つけるのがポイントです。

腸内環境改善に

乳酸菌と聞いて真っ先に思い浮かぶのがこの効果だと思います。
乳酸菌は腸内で、悪玉菌を退治し、善玉菌を増やす力があります。
ただし、それは乳酸菌が生きて届いてこそのこと。

多くの乳酸菌は腸に到達する前に死滅してしまうと言われています。
しかし、この死んだ乳酸菌もまったくムダになるわけではなく、退治した悪玉菌を吸着して外へ出す、食物繊維のような働きがあります。

ヤクルト

ヤクルトにしか含まれていないカゼイシロタ株は、胃液や胆汁などの消化液に強く、生きたまま腸内に到達し、腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。

ガセリ菌SP株

雪印メグミルクが発見した乳酸菌ガセリ菌SBT2055株です。
生きたまま腸に届き、長く留まることが実証されている。

ラブレ菌

京都の漬物「すぐき」から発見された植物性の乳酸菌です。

NS乳酸菌

モンゴル高原の漬物や醗酵馬乳から発見されたNS共生菌です。
腸内で増殖し、腸内環境正常化に効果があると言われています。
飲料・サプリに原生性乳酸菌が使用されているだけでなく、石鹸・シャンプー・リンスなどには抗生性乳酸菌が使用されています。

アレルギー改善に

乳酸菌は花粉症などのアレルギーを抑える働きや、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和させる働きがあるという研究もされています。
さらに、虫歯予防にも効果があるそうですよ。

KW乳酸菌

キリンが発見した乳酸菌KW3100株です。
アレルギー改善や免疫力アップに。

L-92乳酸菌

カルピスが発見した乳酸菌アシドフェルス菌L-92株です。
アトピーや花粉症などのアレルギー症状改善に。

フェカリス菌

フェカリス菌は、免疫力アップ、花粉症・アレルギーに効果があると言われています。
EC-12、FK-23など。

風邪・インフルエンザに勝てる身体に

近年、「インフルエンザ予防にR-1ヨーグルトが効く」と言われはじめました。
これも乳酸菌のパワーなのです。

プラズマ乳酸菌

キリンと小岩井乳業が共同研究で発見したJCM5805株です。
風邪やインフルエンザに強い身体作りに。

モラック乳酸菌

森永乳業の乳酸菌、パラカゼイ菌MCC1849株です。
インフルエンザに勝てる身体に。

R-1乳酸菌

明治が発見したラクトバチルス・ブルガリクス菌OLL1073R-1です。
インフルエンザへの免疫力を高める乳酸菌。

ピロリ菌抑制

乳酸菌は胃酸に弱いため、胃で死んでしまうものも少なくありません。
近年、死んだ乳酸菌でも腸内で効果がないわけではない。という研究結果もだされましたが、胃で活躍してもらうためには、胃酸に強い乳酸菌を摂取する必要があります。

LG21乳酸菌

明治が発見したガセリ菌OLL2716株です。
ほかの乳酸菌に比べて胃で生きる力が強いので、ピロリ菌の活動を抑える効果に期待。

乳酸菌のデメリット・注意点

乳酸菌は日本人が昔から食べているもの、漬物や味噌などの発酵食品にも含まれているもので、基本的に副作用などはないようです。
しかし、乳製品、ヨーグルトやチーズなどは日本人の腸に合う合わないがあるようです。
それは乳酸菌によるものではなく、乳製品に含まれる他の成分が影響しているのではないかと思われます。

ただ、身体によいからといって過剰に摂り過ぎるのは、乳酸菌に限らずよくありません。
また、乳酸菌だけでなく、乳酸菌と相性のよい納豆菌・オリゴ糖などを一緒に摂取すると効果も上がります。
(オリゴ糖は、胃酸に影響されず、腸まで届くことができ、腸内で働く善玉菌の栄養分となります。)

乳酸菌サプリについて

乳製品にアレルギーがある人でも、乳製品に含まれる乳酸菌をとれる可能性があるのが乳酸菌サプリメントです。
乳酸菌サプリは、腸サプリ・善玉菌サプリ・腸内環境サプリなどとも呼ばれ、子どもから大人まで気軽にとれるものが多いです。
そのため、錠剤だけでなくタブレットタイプのものもあります。

森下仁丹のヘルスエイド『ビフィーナS』

  • 顆粒タイプ
  • 30日分 3,856円

便通を良くし腸内環境を整える。
ビフィズス菌50億個配合。
ビフィズス菌を生きたまま腸まで届ける。

久光製薬の乳酸菌『EC-12』

  • 顆粒タイプ
  • 60日分 6,480円

乳酸菌EC-12が1兆個とオリゴ糖を配合した、毎朝スッキリしたい人のサプリメント。
水なしで飲める。

サントリーのプロテクト乳酸菌配合『プロディア』

  • 錠剤タイプ
  • 30日分 3,024円

プロテクト乳酸菌が15億個に、ビタミンB1・B2・B6も配合
守る力で毎日の健康を。

サントリーのラクテクト

  • タブレットタイプ
  • 30日分 4,968円

ラクトバチルス(S-PT84)だけでなく、ラクトフェリン(機能性タンパク質)、ラクチュロース(オリゴ糖)、フコイダン配合。
健康不安、生活習慣の乱れに。

ライオンのラクトフェリン+ラブレ

  • 錠剤タイプ
  • 30日分 7,257円

180億個のラブレ菌にラクトフェリンを配合した体内環境改善サプリ。

カゴメの植物性乳酸菌『ラブレ』

  • カプセルタイプ
  • 30日分 4,628円

植物性乳酸菌であるラブレ菌がフリーズドライで生きたまま100億個以上カプセルに入っています。
善玉菌を毎日摂り続けることができるサプリメントです。

カルピスのL-92乳酸菌『アレルケア』

  • タブレットタイプ
  • 30日分 2,100円

ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株配合のサプリ。

カルピスのL-92乳酸菌『アレルケア』 子ども用

  • タブレットタイプ
  • 30日分 3,150円

アレルゲンフリーで、カルシウムが配合されています。
タブレットタイプで、ぶどう味とヨーグルト味があり、子どもでも食べやすい工夫がされています。
アレルギーがあるお子さんに人気

フジッコの善玉菌のチカラ

  • 錠剤(小粒カプセル)タイプ
  • 30日分 2,550円

フジッコ独自技術で、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1粒に20億個以上も閉じ込めた乳酸菌サプリ。
食物繊維とカルシウム配合。

乳酸菌サプリと上手に付き合う

乳酸菌が100億個以上配合されているものや、その他さまざまな栄養素も一緒に摂れるサプリメントなど種類は豊富です。
乳酸菌は胃酸で死滅してしまうものが多いため、生きて腸まで届けるためにも、食品からだけでなくこういうサプリメントを利用するとよいでしょう。
また、乳酸菌の効果は3日ほどしかありません。
そのため、定期的に乳酸菌を摂るのが理想だとされています。

乳酸菌サプリは、摂取し続けることで、ウイルスに負けない身体になると言われています。
タブレット状で食べやすいものも多いですし、大人だけでなくお子さんも一緒にみんなで飲めるのも乳酸菌サプリの大きな特徴ですね。