どうしよう

 

最近、抜け毛に悩む女性が増えてきています。

男性の抜け毛はある程度世間に認知されていますが、女性の薄毛はかなり深刻な問題です。

しかも現在は、10代~20代で悩んでいる女性が多いのです。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

 

抜け毛とは?~髪の毛の仕組み

髪の毛とは、もちろん頭に生えている毛、頭髪(毛髪)のことを指します。

日本人には、平均10万本もの髪の毛が生えているそう。

髪の毛は、1ヶ月に1センチほど伸び、2~7年で自然と抜け落ちます。

ですので、1日100本前後抜けるのが自然の状態で、1日に200本以上抜けているのであれば要注意です。

 

男性と女性では髪の抜け方が違う

女性の抜け毛は男性の抜け毛とは違います。

「お父さんがハゲてるから私もハゲるかも!」とはあまり思わないですものね。

 

男性は、おでこの生え際が後退してくるか、頭のてっぺん部分から薄くなってくるパターンがほとんどなのですが、女性の場合は、全体的にボリュームがダウンしてきます。

そのため、薄毛が進行していることに気付くのが遅れ、他人から指摘されて初めて気付く人が多いようです。

しかし女性の場合は、正しいケアをすると徐々に抜け毛が減ってくる人がほとんどですので安心してくださいね。

 

そもそも男性と女性の抜け毛は何が違うのでしょうか?

男性の抜け毛の原因

男性の抜け毛の主な原因は、

  • 不規則な生活習慣
  • 頭皮・毛髪へのダメージ
  • 男性ホルモン(遺伝)

今話題のAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンであるジヒドロテストロンの作用によって引き起こされる脱毛症のことです。

遺伝的な要因が大きく関わっており、一時的な脱毛症(ストレスなどにより円形脱毛症など)ではなく、いわゆる「ハゲてきた!」というのはこのAGAが原因の場合が多いのです。

 

AGAや男性の抜け毛に関しては、また後日詳しく書いていきたいと思います。

 

女性の抜け毛の原因ワースト4

抜け毛

 

病気や薬の副作用等での、原因がはっきりしている抜け毛ではなく、健康に見える女性の抜け毛の原因を探ってみました。

 

1.老化(FAGA・びまん性脱毛症)による薄毛

先ほど少し説明しました、男性の抜け毛の主な原因であるAGAに女性がなる場合があります。

女性の場合は、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と言います。

 

女性にも多少なりと男性ホルモンはあります。

40代になると、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減り始め、男性ホルモンの量は変わらなくても、女性ホルモンが減ってしまったために、男性ホルモンの影響の方が強くなり、抜け毛につながるのです。

 

FAGAは、更年期女性に多く見られる症状だったのですが、最近では閉経前の30代の女性もこの症状に悩む人が増えてきたそうです。

 

2.出産後の抜け毛

FAGAではないのですが、同じく女性ホルモンの減少・バランスの変化による抜け毛が出産後の抜け毛です。

 

妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れが、一時的に抜け毛がひどくさせるのです。

妊娠中、過剰に分泌されていた女性ホルモンを通常の状態に戻そうと身体が変化することにより、急激に女性ホルモンが減少することが原因です。

 

通常は産後1年もたたないうちに正常な状態に戻ると言われていますが、産後のストレスなどでうまく女性ホルモンのバランスを取り戻せていない場合はもう少し長引く可能性もあります。

しかし、一時的なものなので時間が経てば元通りになる場合がほとんどです。

 

3.生活習慣の乱れ・ストレス

若いうちは、慢性の寝不足や偏った食事の生活を続けていても、あまり身体に影響がないかもしれません。

しかし、それが積り積もれば数年後にドカンッとくる場合も。

 

さらに今一番危険視されているのが、無理なダイエットです。

何事もやり過ぎは禁物。

単品ダイエット(りんごしか食べない。キャベツしか食べない。など)や、ダイエット食のみの生活では栄養バランスが崩れてしまいます。

そうなると、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の乱れから生理が止まったり、肌荒れがひどくなったり、抜け毛がひどくなったりするのです。

また、そのような状態が続くと精神的にも不安定になりやすく、ストレスが溜まり、うまく日常生活が送れなくなることもあります。

 

規則正しい生活(しっかり睡眠・栄養バランス・適度な運動)は、健康の基本ですからね。

 

4.間違った頭皮ケア

意外に気づいていない、もしくは「正しい」と思って日頃からしていることが実は薄毛につながることもあるのです。

  • パーマやカラーリングを繰り返す
  • 紫外線ケアをしていない
  • いつも分け目が同じ
  • 間違ったシャンプーの仕方
  • シャンプーのしすぎ

 

1日に2回のシャンプーは多すぎです。

頭皮のベタベタが気になって何度もシャンプーしている人がいるとしたら、そのベタベタはシャンプーのし過ぎで頭皮の油分バランスが乱れ、油分が過剰に分泌されているからかもしれません。

 

はげたくない! 女性の抜け毛を止める方法3

beauty-15932_640

 

それでは抜け毛を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

1.やっぱり規則正しい生活

若くして抜け毛が多い人は特に、生活習慣の改善が一番の近道だと思います。

実は髪の毛以外にも、どこか身体の一部が悲鳴をあげているかもしれませんからね。

栄養バランスのとれた食事

一人暮らしだと、ついつい好きなものばかり食べてしまいがちです。

まず、1週間食べたものをメモしてみましょう。

レコーディングダイエットなどもそうですが、書き出してみると何が足らないのかよくわかりますよ。

ストレスを溜め込まない

ストレスをためない!と言われても難しいですよね。

ですので、ストレス解消になるような趣味をいくつか持っておきましょう。

でも、その趣味がストレスになるようなものだと悪循環に陥りますから気をつけましょうね。

適度な運動

身体を動かすことにより、ストレスを軽減する効果があると言われています。

激しいスポーツでなくてもいいので、

  • 1駅分歩く
  • 軽くストレッチをする

など生活に取り入れやすいものをやってみましょう。

睡眠の質を上げる

睡眠不足はもってのほかですが、しっかり寝ているつもりなのに身体の疲れがとれない。

という人は、

  • 寝る前のパソコン・スマホをやめる
  • 寝る前にアルコール・カフェインをとらない
  • 寝具をお気に入りのものに交換
  • アロマを炊いてみる
  • 寝る前に軽くストレッチ

など工夫してみましょう。

翌朝スッキリ目覚めることができる状態が理想です。

 

2.正しいシャンプーの仕方・ドライヤーの使い方

いつの間にか自己流になってしまっている人が多く、毎日のシャンプーで頭皮や髪にダメージを与えてしまっている可能性もあります。

もう一度よく確認しましょう。

①シャンプー前のブラッシング

シャンプー前(髪を濡らす前)にブラッシングをします。

ここで髪についているホコリを落としたり、絡まりをほぐしたりシャンプーしやすい状態を作ります。

②シャンプーは先に泡立てる

まず、髪の毛・頭皮をしっかり濡らします。

シャンプーを手に出してしっかり泡立ててから洗います。

指の腹で頭皮を傷つけないように、でもしっかりと洗います。

③しっかりすすぐ

シャンプーをしっかりすすぎます。

リンス・トリートメントをした後もしっかり流します。

香りが残るようではすすぎ不足です。

④髪を乾かす

髪をこすり合わせることなく優しく、でもしっかりタオルで水気をとります。

タオルドライ後は、自然乾燥ではなくなるべく早めにドライヤーで乾かします。

洗い流さないトリートメントをつける場合は毛先を中心につけるようにしましょう。

 

 

シャンプー前のブラッシングを忘れてしまっている人が多いようです。

また、リンスや通常のトリートメントは湿布後放置せず、すぐに流してOKですし、しっかりながさないといけません。

香りや質感を残したいからといって軽く流す。というのは間違いです。

 

ドライヤーのかけすぎは禁物ですが、髪が傷むから。と自然乾燥させるのは逆効果です。

ドライヤーは温風で8割程度乾かした後、冷風を使いセットしながら乾かすと、髪が落ち着き、ツヤも出せるのでおすすめですよ。

 

3.髪の毛に良い食べ物

髪の良い食べ物といえば、わかめや昆布などの海藻類!と言われていた時代もあったのですが、実はそんなに効果はありません。

 

女性におすすめなのは大豆・大豆製品です。

大豆に含まれるイソフラボンにはエストロゲンと似た作用があるので、女性ホルモンのバランスを整えるのに効果があるのです。

ですので、特に女性ホルモンの減少(出産後の抜け毛やFAGA)によっての薄毛には効果が大きいと思われます。

 

大豆製品といえば、お豆腐・納豆など比較的毎日とりやすい食材が多いので、積極的に取り入れてみましょう。

※だからと言ってそればっかり食べるのは、栄養バランスのことを考えるとNGです。やり過ぎは禁物!

髪の毛

 

全体的にボリュームが減ったのではなく、部分的に抜けたり、明らかに抜けすぎている(1日に数百本抜ける)場合は、なるべく早めに病院へ行きましょう。

何かしらの病気の場合もあります。

 

薄毛・抜け毛用のシャンプーや育毛剤、サプリメントなど様々な商品が販売されていますが、それだけに頼るのではなく、普段の生活から見直すことが大事です。

 

The following two tabs change content below.

みーちゃんママ

食べることが大好き! 3日以上肉を食べない日が続くと発狂します。 ご家庭で飼うときは、肉とアルコールを欠かさないように気をつけてください。