多くの女性の永遠のテーマであろう「ダイエット」

私の人生の中で痩せていた時期は、幼少期から小学生のころまでで、それ以降は常にぽっちゃり…しかも妊娠と出産を経験してからというもの、体重はずっと右肩上がりです。
産後は完全母乳育児なら自然と体重が落ちていくと聞いていたのにまったく落ちず、それどころか6もキロ増え、今現在の体重が、人生で一番すごいことに…。

独身の頃は歌うことが大好きで毎日でもカラオケに行っていたのですが、最近は太りすぎてちょっと歌うと息も続きません。
自分でも驚くほど息切れがします。
そして何より、朝起き抜けから夜までずっと、体がだるく重いんです!

もうこれも絶対に絶対に太ったからなんです。
わかっています。
わかっているんです。

・・・わかっているんですが、なかなかここまで体重を増やしてしまうと「痩せる」ということがとても大変で、というか「もう別に痩せなくてもいいかな?」なんて思ってしまうほどです。

簡単に短時間で楽して痩せたい!

だからといってジムに通うとかランニングするとかは育児中だと難しいですし、そもそもそんなしんどそうなことをするのはイヤです。

小さなお子さんがいるお母さんだけでなく、ダイエットをしたい人みんなに共通して言えることはおそらく、「できるだけ短時間でラクして痩せたい!」ということではないでしょうか?

そうなるとまずググるのが、すぐ効果が出そうで、できるだけ楽そうなダイエット器具ですよね。

私が購入したダイエット器具

実際に物心ついてから痩せていた時期がない私は、数年おきにダイエット器具を購入しています。

  • 電極パットを気になる部分に貼り付けるだけの「EMSパッド」
  • ダンベルやダイエットエクササイズのDVD
  • ルームランナーなどの大型器具

などです。

貼るだけダイエット「EMSパッド」

粘着性の電極パッドを気になるお腹や二の腕などに貼りつけて微弱の電流を流す「EMSパッド」は、電流のビリビリ痛くて長続きしませんでした。

エクササイズDVD

そしてエクササイズDVDは、コアリズム・ヒップホップABS・ビリーズブートキャンプ・トレイシーメソッド・ロングブレス・ジリアン・マイケルズなどかなりの数を試しましたが、ダンス系以外は効果が出ました!

ただ、毎日同じエクササイズをしていると飽きてきてしまいますし、体調を崩したときに1日2日と休んでしまうと、そこからしなくなってしまうという私の悪い癖がたたり、継続している時はサイズダウンしましたが、止めたらすぐに元通りです。

ルームランナーなど大型ダイエット器具

大型ダイエット器具は、置き場所に困ります。

さらに、一番最近購入したランニングマシーンは、作動音が大きく子供が寝ている間に使おうと思っても起きてしまうのではないかと不安になり、まったく使えていません。
また、子供が起きている時は子供も乗りたがるため危なくて電源すら入れることができないんです。

そんなわけで、私はまた次のダイエット器具を物色しているところです。

【関連記事】1週間で3~5キロ痩せる短期間ダイエット法まとめ

太る原因と器具を使う目的を再確認

ダイエットを意識している人であれば、おそらく誰しもが認識していると思いますが、「太ってしまう最大の原因」・「いつまでたっても痩せられない原因」は、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが上回っているからです。

摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増大させればいいだけの話なのですが、これがなかなか難しいんですよね。

脂肪を1キロ燃やすのに必要な消費カロリーは、実はおよそ7,000キロカロリーと言われています。

普通のスピードで周りの景色を堪能しながらウォーキングした場合、体重60キロの人が1時間(4キロ)歩いて約189kcalの消費、早歩きで体重60キロの人が1時間約5キロを歩いた場合、約252kcalの消費なんです。

意外にウォーキングでの消費カロリーって低いですね。
脂肪を1キロ落とすのにおよそ7,000kcalを消費しなければならないということは、ちょっとやそっとウォーキングしたからってなかなか痩せられないということなのでしょう。

私は、2歳になったばかりの息子とほぼ毎日お散歩に出かけます。
だいたい1回のお散歩で2200歩前後、距離にして1.5km~1.8km前後を歩いていますが、何にでも興味を示す息子はとにかくちょっと虫が飛んだだけ、お花が咲いているだけ、防火槽に誰かが放したであろう金魚やメダカがいるだけでいちいち歩みをとめます。

そんな調子では、いくら1時間お散歩しようが、2キロ歩こうが3キロ歩こうが、子供のペースでひょこひょこ立ち止まりながらのゆっくりのお散歩では思うようにカロリーが消費できないのも当たり前ですよね。
息子と一緒にこうやってお散歩できるのも今だけかと思いながら一緒に歩くのももちろんとても楽しいのですが、このペースでは一向に痩せられません。

私のように小さな子供がいてなかなか自分のペースでダイエットを思うように進められない人や、仕事が忙しくて同じように思うようにエクササイズをする時間が取れないといった人には、時間をかけてウォーキングやジョギングでダイエットをすることよりも、短時間で効率よく結果が出せるようなダイエット器具に頼った方がダイエットの近道かもしれません。

太りすぎてランニングやウォ―キングをしている姿を人に見られたくないという人などにも、家の中で誰にも見られずこっそりダイエットできるダイエット器具は、心強い味方です。

もちろん特別なダイエット器具を使わなくとも、自力で筋トレやランニングやウォーキング、エクササイズでダイエットをすることは可能ですが、ダイエット器具を使えば、自力でダイエットをするよりもトレーニングの時間を短縮でき(つまり、ダイエット効果をより早く感じることができるということ)、その日の天候に左右されることなくいつでも好きな時に家の中でトレーニングできます。

それでは次の章では最新のダイエット器具について、その効果なども含めてご紹介してみましょう。

おすすめダイエット器具7

それでは、今巷で話題になっている最新のおすすめダイエット器具を7点ご紹介します。

ショップジャパン(公式)スクワットマジック【お腹痩せ】【太もも痩せ】

フィットネス用品やダイエット器具、エクササイズDVDなどで有名なショップジャパンが販売している最新のダイエット器具がスクワットマジックです。

不思議な形のダイエット器具ですが、ポールの上部に腰をかけ上下にスクワットをする、おなか周りや太ももなど下半身を中心にトレーニングできる器具です。

筋トレ系のダイエットをしている女性たちが一番不安に思うのは、激しいエクササイズをすることで筋肉が付きすぎることではないでしょうか?

実はダイエットをするうえで、筋肉を鍛えてある程度筋肉量を増やすことは大切なのです。
筋肉の量が増えると体が引き締まって見えることはもちろん、新陳代謝がアップすることで余分な脂肪を燃やし、痩せやすい体に変わっていきます。

ダイエットというと有酸素運動であるランニングやウォーキング、水泳などをまず思い浮かべますが、それと平行して筋トレを行っていくことがダイエットへの近道です。
そして筋トレの中でもスクワットは効果的で、太ももだけでなくインナーコアや、お尻、大腿四頭筋、ふくらはぎなどなどたくさんの部位に直接働きかけてくれます。

このスクワットマジックには、傾斜が5度ついているためスクワットで痛めやすい膝などの間接への負担をやわらげてくれるます。

そして上級者向け、中級者向け、初心者向けと3段階で負荷を調節できるので、いきなりのエクササイズで体を痛めてしまうこともなく、体格を問わず使用できるそうですよ。

スクワットは、簡単に見えますが難しいトレーニングです。
姿勢が大切で、前かがみになりすぎても効果が得られませんし、背筋を伸ばして剃りすぎても腰や背中を痛めてしまいます。
スクワットマジックは座るだけで自然と正しい姿勢へと導いてくれるので、運動に不慣れな人でも正しい姿勢で効果的にスクワットができるのです。

ダイエット器具というと置き場所に困るような大型のものが多い中、これはポールのような縦長の器具なので家の中でもさほど場所を選ばず、別の部屋への移動や後片付けも簡単なところがポイント高いですね。

また、スクワットマジックはテレビを見ながらでも好きな音楽を聴きながらでも、もっと言えば読書をしながらでも「ながら」でトレーニングができること、1日1分のトレーニングでお腹まわりのサイズダウンと減量に成功していることから、私も気になっているダイエット器具の一つです。

Active Winner(腹筋ローラー)アブローラー【お腹痩せ】

アブローラーは、高いダイエット器具には手が出ない…という人にもオススメの腹筋を鍛えるダイエット器具です。

腹筋だけでなくインナーマッスルや体幹も鍛えることができます。
耐荷重は90kgとなっているのでたいていの人なら大丈夫でしょう。

同じようなローラー状になった類似品が様々な会社から出ており、ホームセンターなどでもよく目にしますが、よくあるタイプのものはローラーが1つしかついておらずやや安定性に欠けます。
一方Active Winnerのアブローラーはローラーが2つついているため安定感も抜群で変なところに力を入れたりすることがなく、効率よくエクササイズできます。

さきほどご紹介した「スクワットマジック」は、ながらでできるエクササイズですが、こちらのアブローラーは使う人自身の筋力が必要なので、全く運動をしていない人や筋肉量の少ない人にとってはきついエクササイズです。

しかし、肝心なダイエット効果は、

  • 半月ほどでおなか周りがすっきりしてきた
  • EMS系のダイエット器具では効果がなかった人でも効果があった
  • 腹筋だけではなく腕にも効く

などの口コミが多く、満足度の高い商品であることがわかります。

その反面、「見た目が安っぽい」という口コミも多くみられましたが、この値段なので見た目の安っぽさなどは許容範囲かな?といったところです。

PAO【顔痩せ】【あご痩せ】

created by Rinker
MTG(エムティージー)
¥11,250 (2020/02/22 06:20:17時点 Amazon調べ-詳細)

PAOは、器具を口にくわえて、表情筋を鍛えたるみやシワ・ほうれい線などを改善するのがメインコンセプトの、いわば顔痩せ専用のダイエット器具です。

PAO本体のボディ色はホワイトとブラックの2色展開で、両サイドに付けるウエイト(18g、23g、28g)の色もグリーン、ピンク、ゴールドとキレイな色をしているため、見た目からしてオシャレです。

顔は(体もですが)加齢とともに重力に逆らえなくなりだるんと下垂してしまう傾向にあります。
しかしこれは、重力のせいというよりも、加齢とともに表情筋などの筋肉が衰えてくるためなのです。

PAOを使ってトレーニングすれば普段自分では意識しづらい大頬骨筋、口輪筋、頬筋、笑筋、小頬骨筋などの顔の筋肉をきたえることができるので、いつまでも若々しい印象の笑顔を保つことができます。

使い方はとても簡単で、1回30秒を1日2回、PAOを加えて振るだけです。
1回30秒×1日2セットなので、忙しい人でも大丈夫ですね。

ただ、見た目はオシャレでかわいいのですが、お値段はあまりかわいくありません。

気になる効果のほどですが、PAOを口にくわえて振りまわすということは案外難しいようで、結構顔の筋肉を使うので慣れるまでよく落とす、痛い、といった口コミが多くありました。
しかし、使用した人のほとんどに顔がシュッとした、口元のたるみが消えた、あごのラインがすっきりした、顔が小さくなった!という嬉しい効果を実感されています。

ワンダーコアツイスト【お腹痩せ】【ウエスト痩せ】【二の腕痩せ】

ワンダーコアの「♪倒れるだけで~腹筋ワンダーコアー」という、剛力彩芽ちゃんと宇梶剛士さんが出ていたあのおもしろいCMは、皆さんの記憶にもそう古くないと思います。

ワンダーコアは、最初にご紹介した「スクワットマジック」と同じショップジャパンが販売している腹筋を鍛えるためのダイエット器具です。
ワンダーコアには初代のワンダーコアをはじめ、ワンダーコアスマートなどの続編シリーズが多く販売されており、この「ワンダーコアツイスト」もその一つです。

初代ワンダーコアの機能はそのままで、シート座面が回転するような作りになっているため、シートに座ったまま両足を浮かせて左右に足を伸ばしたり縮めたりすれば、腹筋と同時にウエストまわりのエクササイズもできます。

ワンダーコアツイストでのトレーニングはクランチ(CMでやっていたあの腹筋運動)だけではなく、背面に来るハンドル部分を握って上下に動かせば二の腕のシェイプアップ、ワンダーコアツイストに脚を乗せて上下に動かせば太ももなどのトレーニングも可能です。

CMではワンダーコアを使ってみんないとも軽々腹筋運動をしていますが、ワンダーコアツイストでの腹筋運動は、通常の自分でやる腹筋運動よりも2.7倍以上の効果が得られるそうですよ。
テレビを見ながらでもながらで出来てしまうので、面倒くさがりな方にも最適ですよね。

気になる効果はというと、

  • 運動嫌いでも続けられる
  • 腹筋だけでなく背筋にも効いている

など、運動が苦手な人でも無理なく腹筋運動ができ効果が出ているようです。

そしてコンパクトに折りたたむこともできるので場所を取らないことも、ワンダーコアシリーズがロングセラーである秘訣のような気もします。
決して安くはないですが、フィットネス、ダイエット器具大手のショップジャパンの商品なので安心して購入できますね。

EMS腹筋ベルト【お腹痩せ】【腕痩せ】【脚痩せ】

EMSは、ジェルパッドなどを通して、筋肉に直接人体には無害な程度の電気信号を送り、その刺激で筋肉を自動的に運動させる。というものです。

装着するだけでダイエット効果がある!というような触れ込みで売られていますが、はたして本当にEMS系のダイエット器具はダイエットに効果があるのでしょうか?

冒頭でも少し触れましたが、私は以前EMSパッドを持っていました(これと同じ商品ではありません)。
EMS信号の強弱や部位を選択するコントローラー(本体)があって、そこからジェルパッドが線でつながれており、そのジェルパッドを気になる部位に貼り付けて電気信号を送るというものでしたが、私にはまったくと言っていいほど効果がありませんでした。

しかし、昔流行った「アブトロニック」というEMS腹筋ベルトを持っている友人にはそのEMS腹筋ベルトが効果があったようでした。

EMS腹筋ベルトやEMS系のダイエット器具で効果がある人、ない人の違いは、一体何なのでしょうか?
「EMSが本当にダイエットに効くのか?」については、この次にご紹介する「シックスパッド」の部分で掘り下げてみようと思います。

シックスパッド【お腹痩せ】【腕痩せ】【脚痩せ】

created by Rinker
MTG(エムティージー)
¥26,961 (2020/02/22 06:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

あの世界的に有名なサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウド選手がイメージキャラクターとしてCMに出演しているので、知っている方も多いのではないかと思います。

シックスパッドは、EMS系の腹筋ベルトやパッドと同じEMSを利用したダイエット・トレーニング器具です。

本体の裏側(人間の体に貼り付ける側)の電極部に専用のジェルシートを張り、腹筋や腕や脚などトレーニングしたい部分に貼り付け使用するものですが、なんとBluetoothで管理されスマホアプリと連動し、スマホアプリを通して操作をしたりトレーニングの内容を可視化することができるという機能もついています。

充電式なので電源がないところでもコードレスで使用でき、腹筋以外にも腕を中心に鍛えるタイプのもの、脚を中心に鍛えるタイプのものなど、バリエーションも豊かです。

しかし、EMS系のダイエット・トレーニング器具全体に言えることだと思いますが、脂肪が多い人には不向きな商品なんです。

というのも、EMSは低周波の電気の刺激を筋肉に与えて自動的に筋肉を動かし筋肉を鍛える・増強するといったことが本来の目的であるので、ダイエット目的で使用すること自体に少し無理があります。

いくら電気といえども、そこに脂肪という分厚い壁があると筋肉に届くまでにかなり電気信号が弱くなってしまいます。
そもそもダイエットをしたいという人のほとんどの人が脂肪の多い方でしょうから、いくら頑張ってEMS器具を使用してもなかなか筋肉肥大効果も望めず、ダイエットにもつながらない、といったことが多いようです。

ただし、日ごろから運動をしていて脂肪の量もさほど多くないというような人や、CMに出ているクリスティアーノ・ロナウド選手のようなアスリートたちが筋肉をさらに鍛えたり、その筋肉と適度にトリートメントしながら維持するために使用するという目的であれば、EMS系の器具にはトレーニング効果があるのだと思います。

あくまでも、「トレーニング」です。
「ダイエット」ではありません。

EMS系の器具は高額なものが多いですが、こちらのシックスパッドはかなり高額です。
ある程度他の方法で脂肪を落とし、体を絞って筋肉量を増やしたそのあとで、シックスパッドを使ってメンテナンスをする。という方法がよいのかもしれません。

ウェーブスライダー パワーX【お腹痩せ】【太もも痩せ】【背中痩せ】

created by Rinker
ウェーブスライダー
¥11,880 (2020/02/22 06:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

ウェ―ブスライダーパワーXは、1日たった10分間座るだけで簡単にお腹まわり、ウエスト、太もも、肩、背中のシェイプアップができてしまうという商品です。

ウェ―ブスライダーパワーXに座るとウェ―ブスライダーパワーXが自動的に上下左右に八の字を描くように動くため、きついエクササイズなど無しでウエストまわりから背中までしっかりシェイプアップできてしまいます。

普通にまっすぐ座ってエクササイズを行えば腹筋、側筋、太ももを重点的にシェイプアップしますが、ウェ―ブスライダーパワーXの向きをかえてその上にまたいで座ってエクササイズを行えば、なんと胸、肩、背中をシェイプアップすることができます。

つまり、これ1台あれば脚と腕以外のほぼ全身をシェイプアップできてしまうんです!

こちらも座るだけで簡単にエクササイズができるため、テレビを見ながらなどの「ながらダイエット」が可能ですね。
動くスピードも3段階で調節できるので、自分のペースに合わせて使用することができます。

ユーザーの口コミは、

  • 座っているだけでお腹まわりがかなりスリムになった
  • すぐ筋肉痛になったので効いてそう!

など、ポジティブな口コミ多数でした。

しかし、口コミの中には、

  • やりすぎると腰痛になる
  • スイッチを入れた途端急に動き出す(急に止まる)

などもありました。

また、八の字のような動きを上下左右にすることから、三半規管が弱く乗り物酔いをしやすい人には不向きなようです。