気分が悪くなるほどに強烈なあの上司・先輩の臭い…。
当人はまったく気が付いていないし、かといって格下の自分から忠告するなんてことは到底できそうにない。

スメハラは、個々人の問題だと我慢し続ける方もいますが、それは違います。
営業先で不快な印象を残したり、一緒に働く人のパフォーマンスを低下させるたりするなどの問題から、会社全体で取り組むべき課題として認知されはじめているんです。

もう誰かのスメルハラスメント(略してスメハラ)に悩まされる日々は止めにしませんか?
ここでは、困ったあの人のスメハラにどうやって対処するのか、スメハラの原因と対策、さらに職場の人間関係をこじらせない上手な解決策をご紹介します。

スメハラの意味とは?

スメル(臭い)ハラスメント(いやがらせ)、略してスメハラ。
体臭・香水・汗の臭い・加齢臭・柔軟剤臭など、相手に不快な思いを与える臭いのハラスメントとして注目を集めています。

DEOEST(デオエスト)が行った20代、30代、40代社会人女性と、20代~50代男性社会人計500人を対象に行われたスメハラに関する調査

  • 8割の方が職場において異性の臭いに不満を持っている
  • 臭いが原因でパートナーと別れに至ったケース5人に1人!

参考:http://www.seiren.com/news/2014_586/pdf/pdf0.pdf

 

株式会社マンダムによるニオイに関する25~49歳の働く男女1,117名を対象とした意識調査

  • 約6割が「ニオイ(体臭)が気になって仕事に集中できないことがある」と回答
  • 「職場の身だしなみで“どうにかして欲しいこと”」 1位は「ニオイ(体臭)」60.4%

参考:https://www.mandom.co.jp/release/2014/src/2014060301.pdf

 

不快な臭いが原因で吐き気・頭痛がすると言った方や、中には転職・退職にまで追い込まれる人もいることから、スメハラは個々人の問題ではなく、会社全体で取り組むべき意識課題として認識されているのです。

問題は、自分の臭いが不快感を与えていると気が付きにくいことです。

あなたが普段から「良い香り」と思ってまとっている香水・柔軟剤などの香りが、誰かにとって耐えがたいスメハラになっている可能性もあります。

スメハラ予備群かも!?注意したい一言

  • 香水や柔軟剤の香りをまとっていて「その香りスゴイするね、よい香りだね~」と言われたことがある
  • 無駄に香りを褒められる
  • 近距離になったときに避けられるようなしぐさをされたことがある
  • なんかこの辺臭わない?と言われたことがある

これらの言葉は「あなた臭っていますよ」という相手からの「何とかしてよ!気が付いてよ!アピール」である可能性があります。

スメハラはいじめ?相手への配慮も必要

 

スメルハラスメントの「ハラスメント」という言葉には意図的・能動的に相手を嫌がらせる行為と言った意味合いがあります。

  • 色々と頑張って直そうとしても誰かを不快にする臭いが防げない人もいる
  • 他人を害するなんて意識がないのであればハラスメントは言いすぎでは?

といった声が上がっているのも事実です。

人間は臭いに適応してしまうものだからこそ、自分の臭いには気が付かないケースが多いのです。
相手への臭いに関する伝え方や態度によっては、被害者がハラスメントの張本人になりかねません。
やみくもに加害者扱いせずに、相手に配慮した伝え方・態度が求められるかなりデリケートな問題だと言えるでしょう。

ただ、被害者側から見ると、スメハラにより頭痛・吐き気・中には退職に追いやられる人もいることから、当人に悪意がなくてもいやがらせ・迷惑行為だと思われてしまうのは仕方のないことかも知れません。
実際に、におう人への世間の評価はかなりシビアです。

株式会社マンダムによるニオイに関する25~49歳の働く男女1,117名を対象とした意識調査

  • 初対面の相手に対し「ニオイ(体臭)はマイナスの印象に影響する」と、88.9%の人が回答(点数で答えてもらうと平均54.3点も第一印象が下がる)
  • 「ビジネスマン」として見たとき、「くさい」と感じる人に対し、42.1%の人が「一緒に仕事をしたくない」、次いで38.3%が「周囲への気遣いや配慮が足りないと思う」と回答
  • 「人」として見たとき、46.0%の人が「不潔だと思う」と回答

参考:https://www.mandom.co.jp/release/2014/src/2014060301.pdf

 

臭いによって第一印象が54.3%も下がるというのは、かなりの大損ですよね。
気が付かない内に自分が加害者になっていないか、今一度チェックしてみるべきかも知れません。

スメハラの原因と対策

そこでスメハラの主要な原因と対策方法をご紹介します。
ご自身に当てはまる点がないか、早速チェックしてみてください!

1:香水

香りの感じ方は個人で差があります。

「良い匂い」と感じている香りでも、他の方からすると「香りが強すぎる」「不快な匂い」「職場にあんなに香水をつけてくるなんて常識知らずだ」だと思われているかも知れません。
香りの強い制汗剤、髪のミスト(ヘアフレグランス)なども、付け過ぎるとスメハラになりかねないので要注意です。

「少し物足りないかな…」というくらいの香りだと、他の人に不快感を与えずほのかに香ります。
スメハラにならないように、フンワリ香りを漂わせたい時には、次のような付け方がおすすめです。

その1:腰に付ける

服を着ていない状態で腰から30cmほど離れた場所から香水を付けます。

その2:ももの内側とひざの裏側(女性)、足首(男性)

香りは下から上に向かうため、強すぎないほどよい香りが漂います。

2:柔軟剤

最近では、香水としての機能も兼ね備えた「香る柔軟剤」が人気を集めています。
嫌な部屋干しの臭いをかき消してくれる、上品にほのかに感じるから香水よりも使いやすいなどが人気の理由ですが、本当にその香り大丈夫でしょうか?

柔軟剤も香水と同様に、匂いに慣れてついつい入れすぎてしまう方がいるようです。
決められた量を守って使用しましょう。

天日干しをしていて柔軟剤の香りがあまりしないのであれば、エアコンや扇風機のある空気循環のよい部屋の中で干しておくと嫌な匂いもつかず、柔軟剤の香りがほどよく残りますのでお試しください。

3:口臭

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEによる「口臭ケア」についてDIMSDRIVEモニター4,099人を対象としたアンケート調査

  • 自分の口臭が気になる人は全体の74%
  • 他人の口臭(異性・同性)の口臭が気になる人は8割前後

参考:http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2017/170426/
口臭の原因として次の様なケースが挙げられます。

  • ニンニク、コーヒー、カレーなど強い香りの食べ物を食べた
  • 歯周病、虫歯などの口腔内環境の悪化によるもの
  • 喫煙が原因で口にたばこ臭がこもり、ヤニにより一層口臭が悪化する
  • 内臓疾患(胃炎・胃がん・十二指腸潰瘍・逆流性食道炎など)
  • 過剰なダイエットにより中性脂肪が燃えて、体臭の原因になる脂肪酸を発生させたり、ケトン体と脂肪酸が結びつくとツーンとした口臭になる

口臭が気になりだしたら、食事の後に歯を磨く、こまめにうがいをする、マウスウォッシュやガムを活用するなどで対策してみてください。

何をしても口臭が改善されないのであれば、内臓疾患の可能性があります。
専門医に相談しましょう。

【関連記事】口臭ケア対策グッズおすすめランキング

4:ワキガ

ワキガ持ちの方は、アポクリン汗と呼ばれるタンパク質やアンモニアなどを含んだ汗が多く、汗に含まれる物質を細菌が分解することで強い独特のワキガを放ちます。
次のような工夫でワキガの不快臭を軽減していきましょう。

脇汗を小まめに拭く

持ち運びのできる低刺激の拭き取りシートを持ち運ぶと便利です。

アポクリン腺を刺激しないように食事内容に気を付ける

動物性の脂質の多いもの、香辛料を多く含む食べものはアポクリン腺を刺激しやすいと言われているので要注意です。

お風呂で清潔にする

ごしごし洗いをすると、お肌を傷めて乾燥に繋がり、皮脂や汗の過剰分泌に繋がります。
保湿力の高い石鹸を使って優しく丁寧に洗い上げるよう心がけましょう。

消臭効果の高いミョウバンや柿渋配合のものがおすすめです。

5:足裏臭

足裏は夏冬といった季節を問わず汗をかきやすく、また空気がこもりやすいので雑菌の大繁殖を招いてしまう危険部位です。
次のような工夫で足裏臭を解消していきましょう。

  • 帰宅後、帰社後、休憩時間などにウェットティッシュで足裏を拭く
  • 靴下をこまめに変える
  • 同じ靴を続けてはかない(3~4足をルーティーンで使い分け、使用後はしっかりと乾燥させる)
  • 事務職の方であれば、社内で通気性の良い靴やサンダルに履き替える
  • 足裏専用のデオドラントを使用する

6:加齢臭

歳を重ねると、お肌の潤い力が落ちます。
肌の潤いをカバーするために皮脂がたくさん分泌され、その皮脂が酸化することで独特の加齢臭になります。

脇や胸、背中などの汗をかきやすい箇所、見落としがちな首の後ろであるウナジや耳の後ろから加齢臭が発生しやすいため、こうした箇所をタオルや拭き取りシート小まめに拭くことで加齢臭をかなり抑えることができますよ。
営業などで外出をしない日、特に汗をかかない日であっても数時間ごとに小まめに拭きとりケアをしてみてください。

7:女性のデリケートゾーン臭

女性のデリケートゾーンの臭い、実は男性も気が付いているって知っていましたか?

もちろんブルーデイの臭いもありますが、排卵日周辺のおりものの臭いまで気づかれていることもあるんです。
さすがにスメハラとまで言われるほどの臭いではないかもしれませんが、やっぱりイヤですよね。

男性が多い職場の女性は、ちょっと気にしてみたほうがいいかもしれません。

【関連記事】デリケートゾーンの臭い対策

こじらせない職場のスメハラ解決方法

 

不快な臭いを発している張本人に「あなた臭っていますよ」とは伝えにくいものです。
家族や親しい友人であっても伝えるのが難しいところ、直接言いにくい上司や先輩などに「臭っていますよ」という事実をとても言えない!とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

スメハラはデリケートな問題ですから、伝え方を間違えれば人間関係にひびが入りかねません。
ここでは、こじらせずに上手に上司・先輩のスメハラを解消するテクニックを紹介します。

1:直接伝えられそうにない場合

かなり仲の良い先輩・上司でない限り直接言うのは避けるべきです。
業務上または人間関係上の支障をきたしかねません。

会社の相談窓口や上司に報告する

会社の相談窓口に相談するか、信頼のおける上司に相談し、部を上げたスメハラ対策に乗り出してもらう・提案を検討してもらうなどしましょう。
スメハラはデリケートな問題ですから、スメハラ撃退を謳った直対策を実行するのは難しいものです。

スメハラ対策を行うことで結果として身だしなみが整う・気持ちが引きしまるなど付随するメリットがあることを強調したスメハラ対策で、誰も不快にさせることなく社内のスメハラ意識を高めていけるよう提案してみましょう。

社・部を上げたスメハラ対策をしても当の本人が気付かない場合

上司に相談し、上司から改善が求められている旨を本人に伝えてもらいましょう。

2:直接伝えられる距離感の仲の場合

2人きりの場所で打ち明ける

公衆の面前で打ち明けてはいけません。
他の方に聞こえてしまう環境でスメハラを指摘すると、名誉棄損になってしまいます。

また、どんなに仲のよい間柄でも臭いを指摘されるのは恥ずかしいものです。
他の人に聞かれない、知られない配慮をしましょう。

相手のためを思ってのことだとことを伝えること

非難しているような言い方にならないように注意が必要です。

「臭いは第一印象を下げてしまうって聞きました。
なので、かなり悩んだんですが、僕にとって大切な先輩だからこそ思い切って伝えることにしました。
口臭について何か気になっていませんか?
僕は親友に指摘されてから、色々やっています。
よかったら力にならせてください。」

といったように大らかに、あなたのためを思って、あなた個人だけの問題じゃない、けして恥ずかしいことではないといった印象で伝えられるとベストです。

解消方法についても触れる

「実は私もこういう物を使っているのですが良かったら」と言ったように適切なアドバイスを加えることで、すぐに相手が対策を前向きに検討・行動できるように誘導してあげましょう。
またこうした親身な姿勢を見せることで、誠実さ・自分のことを思ってことだったと伝わりやすくなるでしょう。

まとめ

あなたが誰かの臭いを不快だと感じているように、あなたの臭いを不快と感じている誰かがいるかも知れません。
今一度、スメハラの原因を見直し当てはまることがないかチェックしてみてくださいね。

臭いの不快度によっては仕事に集中できないほどなんてこともあるかと思います。
友人・ご家族でもない限り、とくに上司や先輩がスメハラの張本人である場合は、言い出しにくいものですよね。
そんな時には、間柄を考えた上で適切な方法で相手にアプローチしてみてください。

本記事の内容を参考に、耐えがたいスメハラの解消に役立ててもらえたらうれしいです。

 

The following two tabs change content below.

みーちゃんママ

食べることが大好き! 3日以上肉を食べない日が続くと発狂します。 ご家庭で飼うときは、肉とアルコールを欠かさないように気をつけてください。